前回のブログの内容が懐かしい笑

ちょっと書く事が溜まったのと、少し前進したのと、久々に何もやる事がない、ないしはやらずにぼーっと過ごすべき休みとなったので、ブログでいろいろ語りたいと思う。

前回のブログは、現在通ってる障害者総合支援法における、障害者向けの職業訓練施設における事件と、それに対する私の対応や想いだった。
おそらく前回のブログから1年近く経過しての更新になる。少し今年を振り返ってみたい。

今現在も就労継続支援A型に、利用者として通所している。

3月には妹がハワイで挙式をあげ、それで大ダメージを受けた私の腰は5月にはヘルニアが限界を迎え、手術、入院を経験した。

しばらく寝たきり生活だったため、A型にも通えず、体力は衰え、筋力は低下した。

そして前々回に書いたちょっとしたミスが入院の時期に発生して留年が決定した。

そこからは本当に大変だった。

毎週、週2回の筋力トレーニングとリハビリを整形で受けながら、7月にはA型に復帰、かつ大学の単位は順調に取り続けるという生活。

仕事をして、筋トレをして、午後後半と夜には勉学に励む毎日。

とても一言では説明出来ないくらい、自分とひたすら向き合う1年だったのではないだろうか。

やらなきゃいけなくてやってる事なんてひとつもなくて、やりたいからやってるんだけど、それでもそれなりの結果を出したくてやるから、

毎日「今夜は勉強するのか?ペースは間に合うのか?疲れてるが…」と。

実習科目を来年受ける事は出来なくなったが、肝心な勉学は随分出来た気がする。

社会福祉学的な視点。患者、利用者、クライエントの弱い所だけではなく、

残されたその人の強みに焦点をあてる、という視点。

これは私の利用者理解に大きな影響を与え、そしてA型という現場でそういう視点でみてみる。

すると実にいろいろなものがみえてきた。

福祉の世界にはピアサポートという考え方がある。

つまり患者や利用者自身が、仲間を支える、応援するという考え方である。

ああ、スタッフじゃなくても、専門職じゃなくても、応援していいんだ、そう思った私は

今年1年通して多くの人々を、できる範囲で応援、時にはした支えをしてきた。

時には利用者、母親、父親、友人、職場の上司、遠く離れた友人。。。等々。

それがうまくいった事もあったし、うまくいかなかったことも多々あった。

どちらかというと、多くはうまくいかなかった気がする。そんな甘い世界ではないと、思い知らされた1年だった。

少し専門的な勉強したところで、早々簡単に人を「支える」事も「寄り添う」事も出来ないと、それは本当によくよく分かった。
10月には転機が訪れた。

5月に手術を終え、6月には愛知に遊びに行って仲間に応援してもらった。その際良い巡り合わせがあるようにと、友人がパワーストーンをくれた。

その効果かどうかは全く分からないが、

大学時代の恩師が、10月に私と会って時間を作ってくれた。

私は注意深く時間は見ていたし、内容もよくよく話を聞いていた。

それはまぎれもない、心理面接そのものだった。

久々に会ったわたしにも、恩師は私に教えてくれている。これほど嬉しい事はなかった。

話はきっかり一時間で終わった。

だがその内容はあまりに残酷で、それでいて、教授のあつい想いも込められた内容だった。

教授の説明によるとこうだ

「まず私は精神の障害ではなく、心理の障害だから治療可能、なので薬を減らしなさい」

「2年後に心理職が国家資格化する、現在勉強中の精神保健福祉士は取得しつつ公認心理士をとりなさい」

「石川県には心理の仕事ないでしょ。愛知にたくさんあるから愛知に来なさい」
大雑把にこんな説明だった。

それは私のこの10年の多くを否定する内容でもあったし、教授の私に与えたミッションはあまりに高難易度であるのはすぐに分かったので。

すぐには返答出来なかった。
その後ひたすら模索する時間を設けた。

答えもすべてすぐには出さず、あらゆる可能性や、私に今出来るであろう事、その限界、

とにかく頭を使い、ありとあらゆる人に相談した。

そして1つの応え出した。
愛知には行きたい。

しかし決定的にも経済的な問題で、安易に愛知に行くとあっという間に破綻すると分かった。

なので順調をしっかりして、

愛知に行きます。

と教授に応えた。
で?

という話である。そこまででは今までと変わらない。現状維持。それも大切な事だが、私の人生において、現状維持などというものが許されるわけがない。少なくとも周りは許してはくれない、いや思い込みかもしれないけど。。。

ルートBを教授はちゃんと用意しててくれた。

今は障害者として、A型の利用者であるが、まずはそこのスタッフになるという内容である。

調べた所、資格には繋がらなさそうだが、まずは福祉サービス利用者から、一般就労に。
これは一見そうそう簡単に話は進まないかと思えた。

しかし、やはり状況は「私の現状維持」は求めていなかったのか。

所長にスタッフになりたいと相談したら、すぐにでも社長に話をしてみると。

12月。社長にスタッフになりたいと話したところ、「すぐにでもその話をすすめたい!」

という事になった。

正直意外だった。障害者がスタッフになるという事に免疫があるのか、もっと慎重になるかと思ったのだけれど。

自分の当たり前や常識なんて、人にとってみれば全然当てはまらないか、役に立たないという事なのか。

正式には来年1月すぐに社長や所長達とミーティングを行い、まずは利用者主任を経て、途中経過をみて、最終的にはスタッフに切り替える、という事で話がまとまりそうである。
加速度的に忙しく、辛く、そしておもしろい1年だった。

だがそれはまだ序章だという事が、おそらく来年で思い知る事になるだろう。

そしてそれが愛知に繋げれらるか、愛知に繋がればまたあの忙しい毎日が待っている。
最後に。

基本は「私がどうしたいのか」なのだが、

それは時として私にも分からないし、そうしたいと思っても、副作用というか、やると嫌な事、都合が悪いことも生まれてくる。

だが最後はやはり私がどうしたいのか、なのである。

それしか最終的な判断材料がないのだから。

その副作用こそ、知恵を絞って、足りなければ人から借りて、乗り越えて、

「こうありたい自分」を目指す。そうあるべきなのだと思う。

だが、これはあくまで私の人生は、であって

人によってはそうとは限らない。という事を

自分自身によくよく言って聞かせたいと思う。

いつもそこで間違えるから。

2015年、お疲れ様でした。

明日31日まだ仕事だけどね(º﹃º )フヘー

否認。何を否認したのか。

人間には自分で自分の心を守る防衛機制いうものがある。

細かい点は省くが、私の主な防衛機制は否認である。

私は怒りを否認している。
先週あまりの怒りをコントロール不可になりかけ、危うく職場の人間を傷つけるところだった。

しかし、それをなんとか早退することで回避し、封じ込めに入った。

この時に否認をしたのである。

それは過去にも同じく、何も感じなくなり、何もしたくなったことがあった際、ドクターに指摘されたため今回は早期に気づくことができた。

月曜日はあまりの眠気と無気力のため、全てを放棄したくなる気持ちをなんとか抑え、

休暇を1日取るだけで事なきを得た。

しかし、大切な私の労働が奪われ、2週間以上にも及ぶ勉学の機会は奪われた。
私は否認していることを認め、すると次第に怒りが湧いてきた。

明日仕事へも行けるだろうが、怒りのため何を言うかわからない。

それでも家で臥せっている事は耐え難い。

それが相手の為となればなおのことである。

私は我慢をやめた。

しかし、なおそれでも仕事を維持したいし、早く勉学も再開したい。

怒りの対象は怒りの対象にぶつけるべきなのだ。

兄の葛藤

7月に大学からのメールに気付かず、課題を取りこぼし、留年が決定してしまいました。

正直少し凹みました。

原因がアホすぎて。。。

課題がダメだとか、テスト結果が不合格とかならわかるけど、

添付ファイルに気づかないって。。。

前回のブログを読んで、意気込みは感じましたが、意気込みだけで、注意散漫だったということでしょうか。
とりあえずは、気を取直して少しづつでも、今年は単位を稼ぐことをしたいと思います。
妹について。
春に結婚した妹でしたが、旦那の祖母がとてもひどい人でした。

旦那は庇ってくれませんでした。

妹は父に電話して

「たすけて」

と言ったそうです。

父は急いで妹を迎えに行き、妹をさらってきました。
相手の両親も旦那も祖母も傷つき、怒り、
父と私の二人で謝りに行きました。

そしてしこたま怒鳴られました。

なんで本人を連れてこないんだ!と。

当人同士で話し合いをしなければならないだろ!と。
その通りだと思いました。
帰って妹と話をして、

やはり妹と旦那で話し合いをするべきだと伝えました。

結婚を決めたのは妹達だし、やはり続けるにしろ終わるにしろ、本人達で決めるべきだと思いました。
しばらくして妹と旦那は一度会い、何度かLINEを交わし、元の家に帰って行きました。
今回は久々に父の涙をみました。

本当に悔しそうで、辛そうでした。
本当にこれで良かったのか、今でも分かりません。

本人達で決めるべきだとは思いましたが、

もう少し何か具体的アドバイスできなかったのかとか。
そう、出来るはずありません。

私は結婚したことないですから。

本当にこれで良かったのかどうかは

程なくして答えはでるでしょう。

そしてやはりその答えは、当人同士で決めるべきでしょう。
ただ兄の気持ちとしては、妹が心配な想いと、これで良かったのかという迷いがあります。

専門科目戦途中での苦戦。

さて、節目節目に書いてるブログを、今夜は久々に更新したいと思います。
今年の4月より、ついに正式に大学生となり、科目も共通科目から専門科目になりました。
勉強総量は前期の単純に倍。

これは決して自分をいたぶってる訳ではなく、再来年の春に卒業して、受験資格をストレートに取ろうとすると、自然とそうなった。

前期は1科目4単位。

今期は2科目8単位。
教科書は分厚い上にでかく、文字はびっしり。

普通に読むだけで1ヶ月ペース。

2冊あるから2ヶ月かかりました。
そんな最中、妹の結婚式がハワイであり、無理やり行ったがために、俺の腰は爆発。

ついには痛さと麻痺で全く歩けなくなりました。

それでも教科書は開いて、横になりながら小テストを繰り返し、教科書にラインを引いて。

そうですね、必死でした。

腰が悪いから、痛いから勉強できませんでした、単位取れませんでした。

は納得出来ない。誰がって、自分が納得できないと思いました。

だから、痛いのや麻痺は辛かったけど、

やめよう。

とは1度も思いませんでした。

やるからにはやる。限界まで。
そして、なんとか無事に入院し、2週間強で退院。

腰のヘルニアの手術も大成功でした。
その間も、手術後2日目、少し起きて教科書に手が届くと、ひたすら読みまくりました。

あと、最近はじめた妖怪ウォッチにもどんはまり。

妖怪と教科書をいったりきたり。

ご飯はほっといても運ばれてくるし、ほっといても下げてくれるし。

慣れると入院生活はパラダイスでした。
そしてつい先日退院。
全てが順調に思えましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。
入院したことによって4キロ痩せましたが、落ちたのは脂肪だけではなく、筋肉や体力も奪われていました。
ほぼ、1ヶ月間ほどの寝たきり生活でしたが、それでも体は完全に弱ってしまいました。
さぁそれでも、試験もスクーリングも、仕事もアニメもゲームも、そして近々復活させたいギター教室も待ってはくれません。
止まってる暇なんて、つい最近捨ててしまったんです。
やり過ぎてはダメ。無理してはダメ。

でも出来ないのはもっとダメ。

ではどうするか、どうしたらやれるのか。

どうやったら効率が上がるか。

それでいて元気でいられるか。
今はある意味大きなピンチをひとつ乗り越えたところですが、今度はここまで遅れた分をなんとか取り返さなければなりません。
まずは体力作り。

何をするにも体力がなくてははじまらない。体力が減れば今度は精神を削ることになるから。

それはコンビニで働いた時に学んだことです。

そしてそれは継続によってのみ会得でき、急いでも手には入らないもの。
そして、その体力を基盤に勉強、次いで仕事。
そこまでできて、旅行、ライブ、ギター教室。
それを考えると、腰も悪いのにそれらを全部やれてた去年の私は、とんでもなくすごいな。

とんでもなくバイタリティーがあったということ。

まずはそこを目標に。
今日は友人の話を3時間聞いたら、ぐったりしました。

それくらいの今は位置にいるということ。
ここからかー。

遠いなぁ。。。

まぁ焦らない事ですね。

コツコツと。やりますかね。
明日は同級生と夕食。
ふぅ。
ガンバ俺。

専門科目へ突入直前、大気圏の戦い

さて先日は人に伝えるブログではなく、戦乱後の荒廃した状態でかきましたが、

今夜はしっとり落ち着いた状態で書こうと思います。

前のブログでも書きましたが、現在資格取得に向け勉強しつつ、ギター弾きつつ、仕事もしているわけですが、

先日初給料が出ました。

よって小遣いが発生し、

ガチャを回し、CDを1枚買い。

あとは全部貯金!←ここが以前との違い笑

てことで8割貯金にまわしました。

ので依然貧乏生活真っ只中であります

頑張った副作用としては、腰がむちゃむちゃ調子が悪く、5分立ってられない状態にあります。

そこはそれ、まぁ頑張って治療すればある程度良くなるの分かってるので、

特に悩む必要はありません。

ようは、ダメージより回復が上回れるか?
てことなだけで。

さて、勉強についてですが、

今回取ろうと思ってる資格は精神保健福祉士。です

この資格試験には、社会福祉士との共通科目と
精神の専門科目があります。

昨年は苦労して、共通科目8単位を取り、実習要件をクリアしてます。

ので、今年は専門科目を秋試験終了時までに26単位取得が求められます。

共通科目だったとはいえ、8単位取るのも相当大変でしたが、それは実は半年でとったので、

今年は単純計算、前年比2倍。

まぁこれはキツイないしは仕事と両立は難しいかなとは思ってます。

なので8割貯金には長くはできないかも、という意図がありました。

とはいえです。
春試験は精神医学と、あと1科目。

現在仮登録中で、あとは本登録ボタンを押すだけですが、

押した時点で学費20万確定。
これはなかなかの額です。

てことで明後日まで悩んで、んで結果押します。
もう大学入学決まってるので、科目とらない選択肢は最初からありません。

そこでまだ当然教科書もなく、ただぼーと教材届くの待ってもいいのですが、

せっかくずっとやりたかった専門科目。

資格試験用の資料集「科目別」があるので、

とりあえず教科書くるまではこちらを流すことにしました。

精神医学をやりだしたのですが、

これはほぼ内容的には一度勉強したことなので、総論ないしまとめを読むだけで細かい説明はいらないと感じました。

ただ。

主治医が言ってた「昔と名前変わったりしてるから注意して」は納得。さすがプロ笑

変わった、というのはDSM-4が5に2013年に改定されていました。

これも変更点確認でおけな感じでした。
当時はDSM-4が主流だったので、本も当時図書館にこもってよく調べたものでした。

一番驚いたのは、アスペルガーの変更点。

アスペルガー障害の呼称を廃止、自閉症スペクトラム障害に含めた点。

10年前、私の大学の教授が、「アスペルガーなんて言葉なくなるよー」と言っていましたが、

10年経って本当に消えるとは。。。

あの人だけは逆らえないし、絶対越えられない自信があります。

先生、すごいんすね、やっぱり笑

明後日あたり久々にメールしようと思ってます。

多分なんやかんやで怒られる気がしますが、

まぁそこは愛のムチムチ笑

てことで1科目はやる前から点数取れる。

あとの科目も精神に関わる事ならするする入ると思います。

得意分野の資格から取りに行く作戦はうまくいきそうです。

今夜はここまで。
明日は仕事、整形、ギターなので、

ギター弾きながら寝ます。

おやすみなさい笑

100点ではダメなのです。

さて前回の重い内容からその後。

夏からはじめた、正確には春には教材が届いていたが、6月にバンドをしようとして。んで仲間割れして元気なくして。
復活して夏から本格的に勉強をはじめたんだ。

まずは今年は科目履修生として、日本福祉大学の科目を履修。つまりは練習の年にしたんだ。

これは後々正解だったとわかる。

まずは練習で1科目2単位の科目。
この科目がキツかった。。
というか、勉強する順序的にどう考えてもあとからやるやつだったが、その時は気付かなかった。

これは全部で15講編成なので、1日1講やる事にした。

同時にギターも続けてて、これも1日1時間弱。

これをまず目標にした。

これがなかなかうまくいかなかった。
今思えばこの程度なのだが。。

習慣づけるのに本当苦労した。

どうしても家で出来ない時は、コメダやミスドにこもってやった。

だがしかし!この科目が私に火をつける。

なになに、地域相談支援センター?
ほほう。利用してみるか。それも勉強になるな

と思い、仏さんの紹介もあって、ぴあサポートはくさんに通いはじめた。
そこにはプロの精神保健福祉士兼社会福祉士の人が、精神疾患を持つメンバーの相談業務を行っていた。
まさに私のしたい仕事。

で。プロの仕事を見ながら聞きながら。私はメンバーとして参加し、いろいろなプログラムにも参加。
まぁ、いつでも出入り可能なデイケアだと思って貰えればいい。

最初は見るだけ、見学だけのつもりだったが、すっかり仲間になってしまった笑
仲間に入れてもらったが正しいか。
私と同じように、精神疾患を抱えながら、精神保健福祉士を目指してる人にも出会った。

そして。
すみません、日本語がうまく書けない状態ながら、どうしても今書きたいので書いておきます。

頑張っているので、恩師に頑張っていることを伝えたら、「勉強が足りない!」とまだ何も説明してないのに言われ、ムカッときて、「勉強量増やします」と言ってしまい、まんまと罠にハマった。

ここから1日2講政策に切り替え。
これまたきつかった。

つまり1日2講1奏政策となった。自分の中では制度であった。

朝はストレッチ、運動をし、午後から勉強、ぴあサポート、勉強、演奏。

この時点でかなり忙しくなった。

時には精神疾患をもつ患者の家族会。

時には地域のフォーラム、つまりは勉強会など。
にも参加した。

秋にはついに試験となった。
2科目4単位。
結果は合格。
ついに初単位を取得し自信をつけた。

秋にはついに、来年学費が足りないと知る。
実習に10万とか普通にかかるし、学費もかかる。
これはお金が足りない、と分かるも腰はまだ良くならず、コンビニには立てそうにない。

そこで考えた。
なになに、就労継続支援A型なら最低賃金が支払われる?
週5日9:00-14:00まで仕事?
月6万?
現場を体験しつつ障害者がどんな仕事をしてるのか、どんな想いでいるのか、どんな状況、状態で通ってるのか。

これしかないと思った。
普通はまず、自分が障害者である事を受け止め、サービスが必要な状態と認識、了承し、決断するそうだが。

私の場合は、メリットしかない!
これである。笑

これで、仕事、ストレッチ、勉強、演奏、勉強、ゲーム、寝るだけ。の生活が1月からスタートした。

正直キツかった。まだ終わってないけど笑
冬は1科目4単位の大物。
でも勉強の仕方、試験対策がもう出来ていたので、かなり効率良く勉強できた。

勉強を優先したので、ぴあサポートはほぼ行けず、ギターもあまり弾けなくて、勉強、勉強、寝る日が続いた。

1月は祝日が多く、ほぼ週6で仕事だったので、本当にキツかった。

特に難しかったのは休憩である。

消極的休憩、つまり体を休める休憩と、
積極的休憩、つまりストレスを抜く休憩とを
効率良くうまく取らねばならなかった。
これは必須だった。

土曜はとにかく寝る。
日曜はアニメ、お茶、食事、ゲーム。

日曜しか休みがない時は、とにかく体力温存。回復。
平日にストレスをなんとか抜く。

これは正直まだうまくやれてない。

そして今日ついに試験だった。
教科書は3週し、前日までに小テストをこなし。

万全の体制で挑んだ。

何問かすぐにわからない問題も、教科書を見直す余裕があったので、なんとかとけた。

多分試験はパスしただろう。落としてることはまずない。そんな出来だった。

そして極度の疲労感に、襲われ、とにかく寝た。ひたすら。

今回の総合点数をつけるなら、多分100点。十分に頑張った。

だが、勤務先の管理者はこう言った。

あなたは完璧主義すぎる。それではダメ。

そう、100%100点ではダメなのだ。

80点くらいでちょうどいいのに。

挑戦は終わり、調整の年を迎えた今年だが、
さらなる効率化は必要だが、

無理なことは無理で、仕事も休むとか、
勉強メインなら他を削るとか。

まだまだ調整の余地があります。

次は3科目12単位。まともに戦って勝ち目がある相手ではありません。

今多分ピークでここなのだから。
これ以上は体力の上限あげつつ
休憩の効率をあげつつ

何かを抜く。引く。あきらめる。

これが必要となります。